株式会社ケイエスケイRECRUIT
SITE

MENU
CLOSE
髙田 雅之さん

フィリピンと日本を知る
私だからこそできる貢献を

2021年入社

髙田 雅之さん

Takada Masayuki

営業1係

Takada Masayuki
  1. HOME
  2. 先輩紹介
  3. 髙田 雅之さん

私は、日本とフィリピンのハーフで、子どものことから両国を行き来することが多く、それぞれの国の文化に触れてきました。前職はこうした人材派遣の仕事とは全く違う、飲食関係の仕事をしていたのですがコロナ禍で失業した同業者に、新しい就職先を探していた際、人材派遣の仕事の面白さに気づきました。
ケイエスケイと出会ったのもそんな時。「ここでならフィリピンと日本、双方の事情を知る自分の力が試せるのではないか」そう考えて、採用に応募しました。
現在は、営業職として取引先の新規開拓を主に行うほか、既存顧客様へのお声がけなどや企業様へ推薦をする候補者の面接など担当しています。
全く新しい業種への転職でしたが、ケイエスケイの上司や同僚の真摯に仕事と向き合う姿、そして企業として上を目指し続けるビジョンを知るにつけ、私の判断は間違っていなかったと感じています。

何があるかわからない。 だからそこ仕事は楽しい!

仕事の中でやりがいを感じるのは、なんといっても、お客様や求職者に感謝された時。人材を紹介した企業から「ケイエスケイさんが紹介してくれた人よくやってくれているよ!」とお声をいただけた時には素直に嬉しい気持ちになります。
また、難しい状況をクリアした時にも達成感を感じます。
例えば、初めて営業訪問した企業から「人材を早急に用意してほしい!」とご依頼を受けた時のこと。ご要望に応えるべく急いで人選をしいたのですが、数日後に突然「担当者が退職することになったので、契約を白紙にしてほしい」というご意見をいただきました。
しかし、その時にはもう人選も終わっていて、フィリピン人の人材も就職を前向きに考えていました。企業と人を結ぶ、せっかくの機会です。無駄にするのはあまりに惜しい、と何度も説得を続けた結果、先方から「雇おう」という言葉をいただけました。現在も、その企業で紹介した人材は活躍しており、先方からも高い評価をいただいています。本当に、最後まで何が起きるか分からない、面白くてやりがいにあふれた仕事です!

努力次第でなんでもできる。 それがケイエスケイの魅力

ケイエスケイの企業としての魅力は、「とにかくなんでも挑戦させてくれる」こと。課長を始め上司は皆、「何ごともやってみなければわからない」というチャレンジ精神の持ち主で、意欲のあるスタッフであれば、年齢や経験を問わず背中を押してくれます。私も、自分のチームで建設業界に向けた新規の営業を開始したり、そのためのパンフレットなどの営業ツールの作成を任せてもらっています。
自分の努力次第で、夢が叶えられるケイエスケイ。これからの私の目標は、事業を通して、外国籍の方々と分け隔てなく、共存できる社会をつくることです。外国籍の人材は、少子高齢化が進む日本にとって欠かすことのできない、頼るべき人々です。
私にできることはこの、必ず結ばれるであろう企業と外国籍人材の絆を、よりよい形で結ぶこと。日本で仕事を探す彼ら彼女らのポテンシャルを最大限に引き出し、教育やアドバイスを通して最良の職場を紹介していくことが目標です。
フィリピンと日本のハーフである私だからこそできることがきっとあると信じて、これからも挑戦を続けます。

その他の先輩紹介